Nint for Researchで出来ること

  • 市場の動向を把握してEC投資計画に活用

    ジャンルの売上規模や売上推移をECモール毎に把握することで、どのジャンル、どのモールにどのくらい投資するか最適な判断ができます。

  • 特定ジャンルにおける自社のシェア把握

    商品ジャンル毎にメーカーシェアがわかるので、自社の位置付けを正確に把握し、競合との比較も可能になります。

  • 人気商品のトレンドを把握して商品戦略に活用

    商品ジャンル毎にどの商品がいくらでどのくらい売れているかわかるので、商品の仕入れや開発に活用することができます。

  • 人気ショップを把握して営業戦略に活用

    特定商品や自社商品を販売する人気ショップを売上上位から把握できるので、販売チャネルの開拓に活用できます。

  • 競合メーカー比較

    ベンチマークするメーカーや人気メーカーの売上規模や売上推移を把握できます。

操作画面

EC市場の販売データ分析をシンプルに実現
楽天・Amazon・ヤフーショッピングを対象に詳細な商品ジャンル毎の売上トレンド、メーカーシェア、製品別の売上や平均価格、また、人気ショップの動向など、ほかにはないEC販売データをシンプルなダッシュボードでご覧いただけます。

EC Data Lab

EC Data LabはNintのECデータを元に、ECデータから見える最新の購買トレンド情報を提供します。
楽天、アマゾン、ヤフーショッピングを中心とする国内EC市場のみならず、
天猫国際(Tmall国際)などの中国越境ECの最新購買トレンド情報も提供します。

  • 事件の背景 1月26日(金曜)未明、国内大手暗号通貨取引所であるコインチェック社から580億円相当のXEM(NEM)が流出したと報じられた。同日深夜に実施された記者会見では、何者かの不正アクセスにより保有していた暗号通貨が流失してしまった事実や暗号通貨を保管する取引所のセキュリティに不備があった可能性がある事なとが公表された。暗号通貨は一般的に取引所のウォレットで保管することは推奨されず、ハードウェアウォレットなどを勧める有識者が多い。今回は、楽天市場やAmazon.co.jpのデータを利用し、ハードウェアウォレットの販売動向がマーケットの成長と比例して どのように推移したのか、また事件後ど

  • 天候に恵まれた2018年の初売り。元日営業を行った西武池袋本店(東京・池袋)では福袋を求める客が長蛇の列を作った。訪日観光客の旺盛な消費意欲も相まって大手百貨店や総合スーパーの初売りも好調だったようだ。 オフラインでも未だ注目を集める福袋商戦。今回は国内ECの代表的なプラットフォームである楽天市場の推計データからその動向に追った。 ※なお、楽天市場の福袋商戦は現在も継続中。今回は主に2017年11月~12月のデータを用いて分析を行なった。 カテゴリ別福袋販売動向 上記は楽天市場内の第二階層に「福袋」というカテゴリを持つ商品の販売推移を表したものだ。多くのカテゴリで11月から商品販売が伸び

  • 中国大手ECモール「JD.com(京東商城)」と、中国越境ECモール出店サポート・運営代行の「C2Jジャパン」を招き、弊社アドウェイズと3社共同で気になる「独身の日(w11)」売上速報や中国越境EC市場動向を把握できるカンファレンス『中国越境ECカンファレンス』を開催いたしました。 データから読み解く中国越境ECの今! 2017年独身の日(w11)速報データをご紹介! 弊社コンテンツGr.データソリューションDiv.ゼネラルマネージャーの吉野順子より、Nint for Chinaのデータから中国越境ECの市場及び、独身の日(W11)の速報データをご紹介致しました。 コンテンツGr. デ

  • more..

お問い合わせ

サービスに関するお問い合わせはこちらから
  • TEL 0120-170474
  • 受付時間 平日 10:00~19:00