Nint for Researchで出来ること

  • 市場の動向を把握してEC投資計画に活用

    ジャンルの売上規模や売上推移をECモール毎に把握することで、どのジャンル、どのモールにどのくらい投資するか最適な判断ができます。

  • 特定ジャンルにおける自社のシェア把握

    商品ジャンル毎にメーカーシェアがわかるので、自社の位置付けを正確に把握し、競合との比較も可能になります。

  • 人気商品のトレンドを把握して商品戦略に活用

    商品ジャンル毎にどの商品がいくらでどのくらい売れているかわかるので、商品の仕入れや開発に活用することができます。

  • 人気ショップを把握して営業戦略に活用

    特定商品や自社商品を販売する人気ショップを売上上位から把握できるので、販売チャネルの開拓に活用できます。

  • 競合メーカー比較

    ベンチマークするメーカーや人気メーカーの売上規模や売上推移を把握できます。

操作画面

EC市場の販売データ分析をシンプルに実現
楽天・Amazon・ヤフーショッピングを対象に詳細な商品ジャンル毎の売上トレンド、メーカーシェア、製品別の売上や平均価格、また、人気ショップの動向など、ほかにはないEC販売データをシンプルなダッシュボードでご覧いただけます。

EC Data Lab

EC Data LabはNintのECデータを元に、ECデータから見える最新の購買トレンド情報を提供します。
楽天、アマゾン、ヤフーショッピングを中心とする国内EC市場のみならず、
天猫国際(Tmall国際)などの中国越境ECの最新購買トレンド情報も提供します。

  • 猛暑が続く2017年夏。東京でも最高気温が30度を超える日が続いており、夏バテ気味の方も多いのかもしれない。そんな厳しい季節にスタミナ食として知られるのがウナギだ。今回は「土用の丑の日」商戦に迫り、本格化するウナギの販売動向を分析してみた。 ウナギ供給量の推移 水産庁の資料によるとウナギの国内供給量は平成12年の16万トンをピークに減少している。この理由は中国で養殖に用いられたヨーロッパウナギの資源減少によるものであるとされている。またヨーロッパウナギは平成19年にワシントン条約の附属書に掲載され平成21年から貿易取引が制限されている。近年日本におけるウナギの供給量は減少傾向にあるこ

  • 母の日商戦では、「花・観葉植物」が盛り上がりを見せる時期であったように楽天市場の「ハレの日商戦」では様々な商材が人気を博す。今回は父の日商戦を分析対象としたが、特に「ビール・地ビール」カテゴリにおいて特徴的な変化が見られた。 楽天市場のビール・地ビールと日本酒・焼酎の市場規模 上記は楽天市場のビール・地ビール市場と日本酒・焼酎の市場規模推移を表したものである。国産ビール・地ビール共に5月〜8月の夏季シーズンと、11月〜12月の年末シーズンにおいて販売額が最大化している事が分かる。特に地ビールは各年ともに6月に販売額のピークを迎えている。日本酒・焼酎市場はビール市場ほどでは無いものの

  • 楽天市場の「母の日」商戦は「花・観葉植物」が最も盛り上がりを見せる時期である。一部では、「カーネーション」の入荷不足により「あじさい」が用いられた等の報道もあったためそれらの観点も含め分析を行った。 楽天市場における「花・観葉植物」の市場規模 上記のグラフは2015年から2016年における楽天市場内の「花・観葉植物」の月次販売データを表したものである。両年とも3月から売上の上昇が始まり4月に頂点を付けている事が読み取れる。「母の日」商戦は楽天市場において「鉢花」が最も盛り上がりを見せる時期であるといえる。 楽天市場における「鉢花」の市場規模 では、「花・観葉植物」の中で人気の商材

  • more..

お問い合わせ

サービスに関するお問い合わせはこちらから
  • TEL 0120-170474
  • 受付時間 平日 10:00~19:00